登記事項証明書の翻訳(英訳)・履歴事項全部証明書の翻訳

登記事項証明書の翻訳

履歴事項全部証明、現在事項全部証明など登記事項証明書の翻訳(英訳)

登記事項証明書翻訳、履歴事項全部証明翻訳、現在事項全部証明翻訳 翻訳のサムライは登記事項証明書(現在事項全部証明、履歴事項全部証明、閉鎖事項全部証明など)の翻訳、商業登記簿の翻訳、英訳に強い。
海外の子会社設立、支店設置、銀行口座開設その他で登記簿の翻訳(和訳)、履歴事項証明の翻訳、定款の翻訳などが必要な場合は実績の翻訳会社翻訳のサムライにお任せください。

翻訳のサムライが登記事項証明書翻訳、英語訳に強いわけは:

スピード

翻訳のサムライの登記事項証明書の翻訳、英訳(履歴事項全部証明書、履歴事項全部証明書などの翻訳・英訳)は
最速ご発注の翌日朝10時にお手元に届くスピード仕上げ

価格

弊社のポリシーは高品質低価格。多くの登記簿謄本、登記事項証明書、履歴事項全部証明書、現在事項全部証明書等の翻訳をてがける効率化で、弊社より廉価に仕上げる翻訳会社、翻訳エージェントがあればその価格に挑戦します。

品質

履歴事項証明書等あるいは現在事項全部証明書(登記簿謄本を含む)は記載内容にある程度パターンがあり、商業登記簿、登記事項証明書に熟練した主席翻訳者は、ややこしい新株予約権(Share OptionまたはStock Option)、新株引受権付社債(Bonds with Share Option)、転換社債(Convertible Bond)、ゼロクーポンボンド等々の規定も速やか、正確に訳します。

履歴事項全部証明書、現在事項全部証明の翻訳、閉鎖事項全部証明(一部証明)の翻訳

履歴事項全部証明書、履歴事項一部証明書、現在事項全部証明書、現在事項一部証明書、閉鎖事項全部証明書または閉鎖事項一部証明書など登記事項証明書いわゆる商業登記簿謄本又は抄本にはいろいろ種類があり、用途によって申請、発行されます。翻訳には履歴事項全部証明書が依頼されることが圧倒的に多いですが、新株予約権などの発行が重なり履歴事項全部証明書では記載事項が膨らんでしまうときに現在事項全部証明書、一部事項証明書の翻訳が発注されたり、また閉鎖した事項について証明が必要な場合その他の用途で閉鎖事項全部証明書が依頼されることもあります。

登記簿謄本の種類、履歴事項全部証明書等の種類については別ページに詳しく書いていますのでそのページも参照してください。→ 登記簿謄本の種類

履歴事項全部証明書翻訳において最終校正は英語と法律を熟知した翻訳者が責任を持って署名します。翻訳のサムライでは、登記簿謄本翻訳履歴事項全部証明書の翻訳、現在事項全部証明書の翻訳、閉鎖事項全部証明書翻訳、それぞれの一部事項証明書も含み、すべての翻訳は、ソース言語(翻訳をする基になる文章の言語、この場合日本語)とターゲット言語(この場合、英語)をそれぞれ母国語とする翻訳者がペアを組んで仕事をします(同時に案件に取り組みながら仕事を進める場合と、短い文章の翻訳では、ソース言語を母国語とする一方の翻訳者が原案を仕上げたあとで、ターゲット言語を母国語とする他方の翻訳者が表現方法の適切さなどを含め念入りにチェックします)。

翻訳のサムライの登記簿謄本の翻訳には、誤訳がありません。
用語は適当である限り内閣官房の法令翻訳データ公表の会社法民法のそれぞれの英訳に準拠しています。原本の読みに間違いがなく、翻訳文が読みやすいの翻訳のサムライの翻訳です。

翻訳料金

■登記簿謄本翻訳料金、履歴事項全部証明書、全部事項全部証明書の翻訳料金(外税)

商業登記簿の翻訳(履歴事項、現在事項証明書の翻訳)
原稿の証明書が1ページ 10,000円
原稿の証明書が2ページ 13,000円
原稿の証明書が3ページ 16,000円

※上記は消費税を含まない翻訳料金です(税別)。
※履歴事項全部証明書(現在事項、登記簿等を含む)中の株式の欄に、新株予約権(又は新株引受権)、新株引受権付社債、転換社債、ゼロクーポンボンドなどの長い規定がある場合は、別途追加料金が文字数ベースでかかります。見積りいたしますので原稿となる登記簿謄本の写しをお送りください。

履歴事項全部証明書等の翻訳依頼の流れ

履歴事項全部証明書翻訳のサムライのご依頼の流れ
翻訳のサムライへのご依頼の流れ
履歴事項全部証明書翻訳の翻訳のサムライへの無料見積りはこちら

履歴事項全部証明書等の翻訳の納品形態、翻訳の公証

履歴事項全部証明書、登記簿の翻訳に公証が必要な場合

会社登記簿(ここでは会社登記簿と登記事項証明書、履歴事項全部証明書などとは同意義とお考えください)は、会社定款とセットでこの2つの翻訳原稿にそれぞれの翻訳を添えたうえ、翻訳の公証が必要な場合が多いので、提出先の要件を確認して公証が必要な場合は、公証も発注時に同時に依頼してください。登記簿謄本翻訳の公証取得サービスを発注された場合は、依頼に応じて、公証役場での公証のほか、法務局による公証人の押印証明、外務省による公印確認またはアポスティーユを取得することができます。公証役場での翻訳の公証の後、法務局長による公証人の押印確認、及び外務省の公印確認又はアポスティーユを必要としない場合は、発注時に明示してください(東京のワンストップサービスを利用する場合は、公証役場での公証の申請時に提出する申請書に公証人の認証の他に、押印確認、公印確認、アポスティーユのどれを取得するか記入しますので、この時点までにお客様からの指示を得ていることが必要です)。

公証サービス料・日数

公証後に当社の翻訳者が公証申請を行います。公証役場での翻訳の公証サービスの公証料金は1部に付き24,4600円です。公証の日程によっては翻訳品の納期に影響を及ぼすことがあります。翻訳に公証取得もあわせて依頼される方は各納期に+1〜2日をご想定ください。≫公証サービスについて

翻訳の公証をしない場合

翻訳の公証役場での公証、外務省の公印確認等を必要とせず、翻訳会社の翻訳証明書付翻訳だけを求めているお客様には、弊社の翻訳証明書(翻訳会社のレターヘッドに翻訳会社の住所、連絡先、代表者の記名、社印を付したもの。担当した翻訳者の宣誓と署名もあります)とレターヘッド用紙に印刷した登記簿等の翻訳をレターパックにて迅速郵送いたします。

外務省公印確認後の領事認証

また、登記事項証明書の翻訳、定款(または一部財団の場合寄付行為)の翻訳について外務省の公印確認を取得後、各国の大使館、大使館領事部、領事館の領事認証を受ける必要がある場合、特に地方の企業など認証取得申請のために各国大使館を訪ねるのは遠路ということになり結構大変な作業になります。外務省公印確認取得後の各国領事館認証の取得代行を希望されるお客様は翻訳のサムライにご用命ください。外務省の公印確認取得後その足で各国領事館認証申請(代行)に行ってまいります。各国とも領事の認証はその場ではいただけないのが普通ですので、認証申請から取得まである程度の日数を要します。この認証取得までの日数は各国によって異なります。詳しくは領事認証の詳細ページをご覧ください。 → 領事認証取得代行サービス

矢印、翻訳のサムライへのご依頼の流れ
翻訳のサムライへのご依頼の流れ

登記事項証明書、定款の翻訳見積り、翻訳申込は「お見積もりはこちら」をクリックして見積り依頼フォームを記入して翻訳のサムライに送信していただくか、ハードコピーの翻訳申込用紙が必要な場合は下記からダウンロードしてください。

翻訳のサムライへのご依頼の流れ
翻訳のサムライへの無料見積りはこちら

登記事項証明書・商業登記簿の日英翻訳、その他翻訳の事なら翻訳のサムライ

ページの先頭へ

お見積りはこちらからお問い合わせください

メールでのお問い合わせはこちら

info@honyakunosamurai.co.jp