契約書翻訳(英訳・和訳)

契約書翻訳

翻訳のサムライの契約書翻訳契約書の翻訳、すなわち再販契約書、代理店契約書、取引基本契約書、覚書、業務委託契約書、土地建物賃貸契約書、金銭消費貸借契約書、守秘義務契約書、機密情報非開示契約書(NDA)、知的所有権許諾契約書などの契約書類は、法律用語、概念、業界に特殊な用語、用法が多用されるので契約書の翻訳に慣れた翻訳会社を選ぶことが肝要です。民法、会社法、商法、建築基準法等の関連する法律の背景知識を十分に持った翻訳者が取り扱うことが重要となってきます。契約書はまた各種の契約に共通の条項が多いので契約書の翻訳を頻繁に行う翻訳者、翻訳会社に翻訳を依頼すると品質だけでなく費用の面でも良好になります。

翻訳のサムライでは、英語訳については、法律・経済を熟知した翻訳者がソース文書の内容を完全に理解した上で、なるべく英語の法務文書で使用される用語を用いて表現します。もちろん、英語の読みやすさを確保するために英語をネーティブとする翻訳者とペアで翻訳する侍流は、契約書の翻訳でも採用しています。そのため、翻訳のサムライの契約書の翻訳は原文の読み間違いがなく、かつターゲットの読者に自然に読める読み易い英文です。もちろん英語以外の言語からの契約書の和訳も可能です。

契約書関連文書の翻訳ではこの分野の翻訳を多く手がけた経験の深い翻訳者だけを厳選し、間違いのない翻訳にあたらせます。最終校正では、法律に詳しい実務者が業界の用語の使い方に不自然さがないかを最終確認します(実務従事者による校正のプロセスは案件の規模と重要性、予算により適用します)。

契約書は民法、また契約の内容によっては会社法などの法律の規定に影響を受けた文言が多くつかわれることがあります。日本の法律は順次英訳されており、民法も会社法もほぼ公式訳といえる英語版がすでにあり、契約書中に使用されるこれらの法律の概念に基づく同一用語はこれら公式訳の用語に準じて英文に翻訳するのが妥当です。 → 法務文書の翻訳

翻訳のサムライの契約書関連文書の翻訳は、ソース文書の読み違えがなく、ターゲット文書の用語の用法、読みやすさに妥協がありません。翻訳のサムライの契約書関連文書の英日訳は、万全の翻訳です。

翻訳する契約書

再販契約書、守秘義務契約書、秘密保持契約書、ライセンス契約書、著作権使用許諾契約書の翻訳、約款、保険証券の翻訳、賃貸契約書の翻訳、貸室賃貸借契約書、地上権設定契約書、契約社員雇用契約書、船荷証券(B/L)、権利譲渡契約書、建物賃貸借契約書、仮売買契約書、土地賃貸借契約書、業務提携契約書の翻訳、雇用契約書、販売契約書、電子メディア販売契約書、基本契約書の翻訳、製造委託契約書、アルバイト雇用契約書、労働契約書、自動車貸渡契約書の翻訳、顧問委託契約書、製作請負契約書、製作および工事契約書、金銭消費貸借契約書の翻訳、部品取引基本契約書、権利譲渡契約書、その他あらゆる契約書英語訳日英訳)、日本語訳英日訳)に対応します。会社の「定款」の翻訳については本サイト内の別ページ、サムライの定款翻訳をご覧ください。同様に会社登記簿の翻訳はサムライの登記簿翻訳のページをご覧ください。

翻訳のサムライは契約書の翻訳に強い

スピード

翻訳のサムライの主任翻訳者は契約書翻訳のエキスパート。民法を中心に多くの契約書の背景になる法律を知り、契約書の難解な文章の背景にある法論理を理解したうえでの翻訳をします。翻訳のサムライでは過去の契約書翻訳のリゾースを活用しつつ、法務、契約書を専門とする翻訳者が社内で速やかに仕上げます。社外の契約書翻訳者に打診をかけて作業を開始するスタイルのいくつかの翻訳会社に比べ、機動性、スピードが優れています。契約書の翻訳は実績の翻訳会社、翻訳のサムライにお任せください。

品質

長年の実績に裏づけされた、法律、契約書を知り尽くした翻訳者が翻訳案を仕上げ、英文の校正のあと、ターゲット言語の専門用語の確認は、社外に契約している現役の実務従事者に校正をかけます。(納期、予算によってはこの過程は導入できません)。さらに、大きな案件では翻訳者、校正者、業界校正者のチームを編成し、御社のプロジェクトに専従して作業のスピードとクオリティを高めます。

価格

弊社のポリシーは業界をリードする合理的な低価格。多くの契約書の翻訳をてがける効率化で、弊社より廉価に仕上げる翻訳会社(同等の品質管理をする翻訳会社に限る)があれば、その価格に挑戦します。過去の翻訳データの蓄積が翻訳のサムライのコストパフォーマンスを高めます。

情報の秘匿性

契約書文書は、守秘義務契約書に限らず、公表されるまでは特に機密性が重要であることを翻訳のサムライは熟知しています。翻訳のサムライ契約書翻訳は第1次の翻訳案、英文校正が原則社内で翻訳されることに加えて、専門用語のための確認は、弊社と守秘義務を交わし、主任翻訳者が自ら専任した実務従事者だけが関与するタイトなチームで処理し、情報の漏洩を許しません

翻訳において機密を守るのは翻訳者/翻訳会社として当然の職業上の義務です。従って、情報の非開示について特に契約を交わしているか否かによらず、翻訳のサムライが翻訳を目的として取得した企業の文書を開示企業に無断で第3者に開示、遺漏することはありません。また、翻訳の目的で企業の秘密情報を開示する前に情報の非開示契約、あるいは守秘義務契約等を締結することを希望される企業様に対しては翻訳の見積りをする前、翻訳の着手前など要望に応じていかなる段階かにかかわらず速やかに対応いたしますので、お知らせください。

翻訳のサムライへの翻訳依頼の流れ

契約書の日英・英日翻訳、その他翻訳の事なら翻訳のサムライにお任せください

お見積りはこちらからお問い合わせください

メールでのお問い合わせはこちら

info@honyakunosamurai.co.jp